はじめての外壁塗装【損しない外壁塗装の相場が分かる!】

【無料】外壁塗装の適正価格、ご存知ですか?

外壁塗装の耐用年数は目安程度に

外壁塗装の耐用年数はどのくらいだと思います?

8年?10年?15年?

外壁塗装,耐用年数,訪問販売,目安


実は、耐用年数というのは家の作り、日光の当たり方、
といった様々な住まいの環境条件によって短かかったり、
長かったりします。

特に、塩害、排気ガス、工場から排出される煙、酸性雨による影響を受ける地域にある住宅は、建物の耐用年数が短くなることもあります。

短くて、築6年で塗り替えが必要になる家もありますし、15年も持つ家もあります。

ただ、平均的な目安としては築10年前後に、塗り替えするのが妥当のようです。


詳しく塗料別の耐久年数を知りたい!という方に


下記に塗料別の耐用年数を示していますので、目安にしてください。
塗料の種類 特徴 おおよその耐用年数
アクリル塗料 ほこりなどを寄せ付けず美しい外観を維持するが、耐久性が弱い。カビや藻類等の微生物に対して強い抵抗力がある。 5年〜7年
ウレタン系塗料 防カビ・防藻性にも優れ、微生物の発生を防ぐ。耐水性と耐久性が優れている。  10年
シリコン系塗料 紫外線や熱などに対して強く、親水性が高く汚れが付きにくい。よく使われる。 12年
フッ素系塗料 耐候性が高く、物性低下が少ない。また、汚れが付きにくいので耐久性が確保できる。 15年〜18年

外壁塗装関係の訪問販売がきてこんなこと言われたら・・・


「お宅の外壁にはひびが入っていますね。そろそろ塗り替えの時期かもしれませんね。」

確かにひびが入っていたとしても、塗り替えるまでもないと思われる壁でしたら、
自分自身で修理することができます。

これはDIY(Do it yourself) と呼ばれ、専門業者に任せず自分で補修することを指します。

ホームセンターに行くと、コーキン剤が売っていますので自分で行えば、
業者に何十万円も支払わずに済みますし、家計も助かります。

このように、目安にできる耐用年数はありますが、どこまで壁が劣化しているのかなど、
素人目には判断がつきにくいです。

ですので、信頼のおける業者にまずチェックしてもらい、アドバイスをもらってから
塗装するかどうか決めるといいいですね。

その時、塗り替えをしなかった場合でも、住まいそのものを保護していくために、外壁塗装は定期的に行わなければいけない、ということを念頭に置いておいてください。

【無料】外壁塗装の損しない見積もり方法