はじめての外壁塗装【損しない外壁塗装の相場が分かる!】

【無料】外壁塗装の適正価格、ご存知ですか?

よい塗装業者の失敗しない選び方・見分け方

外壁塗装はけっして安い買い物ではありません。

外壁塗装,業者,選び,コツ,見分け方

 

約10年ごとに一度の塗り替えですから、後悔しない且つ満足いく仕上げをしてほしいものです。

 

そのためには、信頼のおける業者を慎重に選ぶのがベストです。

 

よい業者を選ぶポイントがいくつかありますので、参考にして業者を比較検討してください。

 

 

会社の実績がある

ただ単に、会社設立から歴史が長く、実績があるということだけでなく、
お客さんの声が充実されていることが大切です。

 

会社の口コミ、評判を十分参考にして決めるといいです。

 

 

業者の対応がよい

業者によっては、その企業の営業マンが見積りから契約までを担当するが、
工事の作業は下請けに出すというところがあります。

 

営業会社は契約させたい一心ですので、できるだけ値引きをして契約まで結びつけます。

 

結局、値引かれた金額で工事を任せることになりますので、
工事業者は仕方なくその少ない予算でやりくりしないといけません。

 

その結果、作業の質が落ちてしまう、という現実があるのです。

 

 

見積りの際、実際に工事を行う作業員も来てくれるか

同席してもらえると、どんな工事になるか詳しいことを聞くことができますし、
こちらの要望も正確に伝えることができます。

 

 

塗装後の保証がある、もしくはきちんと説明してくれる

保証については業者によって、あったりなかったりしますし、内容もそれぞれ異なります。

 

業者から保証や保証書について最初に話がなかった場合は、
後のトラブルの原因となりますので、見積もりの段階で
保証内容や賠償保険について確認しておくことをおすすおめします。

 

 

資格が職人個人と会社にある

塗装業に携わる会社や雇われ人に次のような資格があるのかチェックしてみてください。

 

塗装技能士
県知事および国土交通大臣認可の塗装工事業許可

 

塗装技能士とは・・・
職人個人に与えられる資格で、一定以上の塗装業の技能を持っていることを証明するもの。
作業員全員に塗装技能士の資格を持っていなくても、リーダーにあれば安心です。

 

県知事および国土交通大臣認可の塗装工事業許可とは・・・
会社に与えられる資格で、国や行政から、技能や実績、知識に問題がないと認可された上でもらえるものです。

 

見積りに細かい内容が明記されている

業者選びの最大のポイントはこの「見積もり」にあります。
見積もりには決まった形式がないため、業者の方針や姿勢が見える部分でもあります。
どの工事にどれだけの費用がかかるのか、
必要日数はどのくらいで、塗る回数はどのくらいかなど
見積書に内訳が明記されていると、依頼する側としてはわかりやすいことでしょう。

 

併せて見積り内容の説明をきちんとしてくれて、依頼者の質問に
答えてくれるような業者が「よい業者」ということになります。

【無料】外壁塗装の損しない見積もり方法