はじめての外壁塗装【損しない外壁塗装の相場が分かる!】

【無料】外壁塗装の適正価格、ご存知ですか?

外壁塗装の訪問販売の被害に遭ったら

外壁塗装のみならず、外壁リフォームや屋根塗装工事については
訪問販売をする業者が多いです。

 

訪問販売というと、「悪徳」とか「押し売り」というイメージが強いですが、
全ての業者が悪いということではありません。

 

特に、外壁塗装という特殊な分野に関しては、自分の住まいの外壁の劣化状態など
詳しく知っている人はそんなに多くはないでしょう。

 

業者側から指摘されたり、アプローチされて初めて塗り替えや補修の
必要性に気づくこともあるわけです。

 

とはいえ、本当によい訪問販売業者というのは、全国ではほんの一握り
というのが現状ではあります。

 

悪徳訪問販売のよくある手口

 

よくある訪問販売の決まり文句に「モデル工事募集」とあります。

外壁塗装,訪問販売,モデル工事

 

「この地域限定で、工事の募集枠はあとわずか○件です」
「今日、申込みをしたら見積り金額から大幅値引きします」
などといって、契約を急がせる手口です。

 

実際、平成24年2月21日に業務停止命令が下された業者があります。

 

件数限定のモデル工事と見せかけて、当日中の契約を迫り、高額な外壁塗装契約をしていた事業者に業務停止命令(3か月)
【参考:http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2012/02/20m2l400.htm

 

契約までの手順として、複数の工務店や塗装業者から相見積を取り、
比較検討した後に、どこと契約するのか決めるのが一般的です。

 

そうわかっていたとしても、訪問販売業者の強めな姿勢や詳しい説明を
受けることで、相手のペースに流されてしまい、すぐに契約してしまいがちです。

 

訪問販売の被害に遭ってしまったら・・・

 

クーリングオフ制度利用してください!

 

クーリングオフとは、口のうまいセールスマンに乗せられて
うかつに申し込みしてしまった場合、契約から一定の期間内であれば
理由を問うことなく、消費者から一方的に申し込みの撤回や契約の解除が
できる制度のことです。

 

外壁塗装、外壁リフォーム、屋根塗装などの工事の訪問販売の場合は
クーリングオフの対象となります。

 

また、当然ながら違約金や使用料・損害賠償の必要はありませんので
安心してください。

クーリングオフ期間:契約書類を受け取った日を含めて8日間

 

手続き方法:書面にてクーリングオフ通知書を発信(郵送)

クーリングオフの手続きを代行するサービスが全国各地にあります。

 

代行社の行政書士に依頼すると、内容証明郵便を作成してくれ、
スムーズに契約解除へと導いてくれます。

 

その際、手数料が取られますのでご注意ください。

【無料】外壁塗装の損しない見積もり方法