はじめての外壁塗装【損しない外壁塗装の相場が分かる!】

【無料】外壁塗装の適正価格、ご存知ですか?

塗装中に降る雨、塗装後に降る雨でも大丈夫?

塗装中に雨が降ったら・・・
塗装直後に雨が降ったら・・・

外壁塗装,雨

 

いつも晴れているときにすべての塗装が終わるとは限りませんし、天候の変化は外壁塗装にどう影響するか見ているとハラハラしますね。

 

基本的には、外壁塗装や屋根塗装は雨天時には作業を行いません。

 

雨の中で作業すると、塗った場所に雨が当たって塗料が溶け出し、水玉模様のようになって結局やり直しとなるからです。

 

ですから、業者側は天気予報を考慮して作業工程を立てます。

 

しかし、どうしても雨天時に作業しなければならない場合もでてきます。

 

それは、仕上がりのムラを防ぐためにすでに始めた作業が中断ができない
ケースや納期が迫っているというケースです。

 

やむを得ない、雨の中の作業では、養生をして外壁に雨がかからないように
作業を続行します。

 

 

塗装直後に雨が降った場合

 

水性塗料(上塗り)の場合ですが、雨が直接壁に当たってなければ、
1時間ほどで乾きます。

 

土砂降りでない強めの雨でも雨風がなければ、3時間ほどで乾くでしょう。

 

最近の水性塗料は改善されていますので、乾燥が早くなってきています。

【無料】外壁塗装の損しない見積もり方法