はじめての外壁塗装【損しない外壁塗装の相場が分かる!】

【無料】外壁塗装の適正価格、ご存知ですか?

外壁塗装の種類〜目的や素材にあった選び方

外壁塗料の種類はたくさんありますが、特に知っておきたいメジャーな塗料をあげておきます。

 

どんな種類があるのか知っておくだけでも、業者の見積もりや提案を理解しやすくなります。

 

大きく分けて4種類の外壁塗料

 

・アクリル塗料
・ウレタン塗料
・シリコン塗料
・フッ素塗料
の4つが代表的な塗料で、見積りには必ず塗料の種類が記載されています。
外壁塗装の種類

 

アクリル塗料・・・ほこりなどを寄せ付けず美しい外観を維持してくれるが耐久性が弱いのが欠点。
他の塗料と比べると安価なので、色だけを変えたい場合はいいかもしれない。

 

ウレタン塗料・・・価格もそれほど高くなく、耐久性・耐候性も十分。
つい最近まで外壁塗装の主流になっていた。

 

シリコン塗料・・・高性能で耐久性があることから、現在主流となっている塗料。
親水性が高く汚れが付きにくいのも特徴。

 

フッ素塗料・・・実用性が高く耐久性がかなりよい。しかし、高コストであることが問題。

 

塗料のタイプ

 

水性タイプと油性(溶剤)タイプのふたつがあります。

 

油性(溶剤)というと耐久性が水性よりも優れているのではないかと思う方が
結構いると思いますが、一概にはいえません。

 

例えば、金属やトタンなどでは油性でなければ定着しないというように、
塗装する素材によって使い分けられます。

 

これはプロの業者に任せるといいです。

 

油性(溶剤)タイプと水性タイプのコストを比べると、水性タイプのほうが安価です。

 

また、油性(溶剤)タイプは1液型と2液型に分かれます。
油剤タイプの1液型と2液型

 

外壁塗装の種類(その他)

 

現在使われている塗料のほとんどが、防カビ薬剤入ですが、
カビを特に気にしているようであれば、業者に「防カビ剤入の塗料」であるか
確認しておくといいです。

 

また、ヒビがある場合は、ゴムのように伸縮性のある「弾性塗料」を使います。
弾性塗料は、ヒビの再発を防ぎますし、親水性にも優れているという特徴があります。

 

特に、シリコン系の弾性塗料はヒビのみならず、カビや汚れのすべてに適応する塗料です。

外壁塗装,種類

 

汚れが気になるなら、汚れがつきにくい塗料を。

 

ヒビ割れに重点を置きたいなら、弾性塗料を。

 

両方を修繕したいなら、ヒビ(クラック)を埋め、下塗りに弾性塗料を使用して、残りの2回の上塗りに汚れに強い塗料で仕上げるという方法があります。

 

 

ほかにも、木部や鉄部の塗料、ブロック塗料などがあります。

 

外壁に使われている材料の大半は、サイディングやモルタルといったものですが、
そのほかの部分として、軒天やひさしなどの木部や鉄部もあります。

 

木部や鉄部は、外壁よりも確実に寿命が短く傷んできますので、
家屋を長持ちさせるためにも、木部や鉄部用の塗料にどういうものが
使われているか業者に確認することをおすすめします。

【無料】外壁塗装の損しない見積もり方法