はじめての外壁塗装【損しない外壁塗装の相場が分かる!】

【無料】外壁塗装の適正価格、ご存知ですか?

外壁塗装の失敗しない色選びのコツ

外壁塗装は高い買い物ですから、カラーの選択で失敗したくないですよね。

外壁塗装,色,選び方,シミュレーション


失敗しない色選びに必要な基礎知識やカラーシミュレーションを
このページで載せていますので、垢抜けたかっこいい自宅を実現してください。

色のトリックに気を付けろ!

色の寒暖によって建物の見え方が変わる

オレンジや黄色などの暖色系(明度や彩度の高い)は建物が大きく見える傾向にあり、
一方、青などの寒色系(明度や彩度が低い)は建物が引き締まってシャープに見える傾向に
あります。

サンプルの色と実際の塗装色では明るさが違って見える

一番、気を付けておきたいことです。

どうして、サンプルと実際の塗装色のギャップが生まれるかというと、
それは「色面積の大小」によって起こるからです。

サンプルカラーブックなどの小さな色見本で、好みの色を選ぶとします。

そして、実際に大きな外壁にその色を塗装してみると、
カラーブックで選んだ色より、明るく見えてしまうんですね。

反対に、暗い色を選んで壁に塗ると、暗さが増すといった感じです。

隣り合う色によって違う色合いに見える

塗装したい色の隣にある色がくすんだ色であれば、塗装する色は鮮やかに見えます。

また、逆に隣が鮮やかな色であれば、塗装する色はくすんでみえます。
【例1】「グレーの入った青」と「きれいな空のような青」

明るさと暗さもそうですが、暗い色と隣接している色は明るくみえます。

また、明るい色と隣接している色は暗く見えます。(明度対比といいます)


失敗しないように塗装の色を選ぶには・・・

サンプルカラーで明るい色を希望する⇒ワントーン暗めの色を塗装してもらう

サンプルカラーで暗い色を希望する⇒ワントーン明るめの色を塗装してもらう

つまりワントーン逆の色で塗装すると希望にかなった色を選べるというわけです。

建物の配色をばらばらにして考えると、彩度対比や明度対比のトリックにはまってしまい、
塗装の出来上がりが本来希望する色になりかねませんので、注意が必要です。


外壁塗装色のシミュレーション


色選びの基本的な知識をお話してきましたが、シミュレーションをやってみると
よりイメージがつかみやすいと思います。

自宅の写真を使ってシミュレーション


【無料】外壁塗装の損しない見積もり方法