はじめての外壁塗装【損しない外壁塗装の相場が分かる!】

【無料】外壁塗装の適正価格、ご存知ですか?

塗料の設計価格表で相場がわかる

塗装の見積りを業者からもらっても、塗料別ごとに金額が違いますし、
業者ごとの価格設定も異なるため、相場ががどのくらいなのか
見当がつかないという声もあります。

 

そこで参考となるのは、塗料メーカーが公表している設計価格表です。

 

設計価格とは、メーカー側から提示される材料・工事費込の金額のことで、
イメージとしては、メーカー希望小売価格のようなものです。

 

設計価格表では、戸建住宅ではなく、塗装面積200〜300平方メートル以上の
中規模以上の工事を標準として、積算されています。

 

ですので、戸建住宅であれば設計価格表よりも、数%ほど低い価格になる場合が多いです。

 

価格表で相場がわかりますので、業者の見積り価格を比較すれば、相場よりもはるかに
高い金額で契約してしまったということにはならないでしょう。

 

 

見積書の単価は設定単価とどう違う?

 

設計単価は、メーカーに希望する価格で余裕をもって設定しています。

見積もり 単価

 

一方、見積り単価は、業者が提供しているもので、わかりやすく言えば店頭価格です。

 

設定単価をベースにして、各業者が工事価格を決めるのです。

 

一般的な塗装であれば、見積り価格は設計価格程度でありますが、屋根の形状が複雑であったり、施工数量が少ない場合などの条件によって、見積りのほうが高くなることがあります。

 

もしも、設計価格よりも大幅に安く見積もる会社があれば、

下請けにシワ寄せがいくため、手抜き工事になるかもしれません。要注意です!

【無料】外壁塗装の損しない見積もり方法